当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

15炎月CT 100PGのドラグサウンドチューンとオーバーホール

スポンサーリンク

15炎月CT100PGのドラグサウンドチューン依頼です。

同番手でHGはドラグ音がありですが、この番手はドラグサウンドなしです。HGのパーツを流用して、ギアを加工してドラグ音追加します。

分解とギア加工

分解します。

使用感があまりないと言いますが、メンテナンスをされているんでしょうか。状態が良いです。

ワッシャーおよび、ホルダーを設置した状態です。

ギリギリのところに3mmの穴をあけます。

2.75mmのドリルで貫通させて、ルーターで微調整します。

穴が開きました。

裏面はこんな感じです。

全バラシからのオーバーホール

グリスの劣化もあまりない感じですね。

ここも異物等もないです。

洗浄しました。

交換するパーツ類です。ドラグワッシャーと音出しラチェット、スタードラグ板等。

組みます。

ウォームシャフト、プラギアはBOREDのOMEGAを使用。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

ドライブギアはシマノ純正のDG04を添付しました。

ハンドルノブを仕上げます。

全体の摺動部には、オイルを使用している箇所はBOREDのNEMEAをベースにしています。ハンドルノブもNEMEAです。

作業完了しました。

締めこむとしっかりとドラグが効きますが、元々のワッシャーよりどうしても最大ドラグは下がります。なお、ドラグ音も締め込みに伴って若干音の大きさや質感が変化します。

もともとスムーズな巻き感だったので、フィーリングはあまり変わらないと思います。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930