カスタムレポート 17スコーピオン DC 100HG オーバーホール

スポンサーリンク

ベイトリール3台依頼頂きました。

まずは17スコーピオンDCから。

オーバーホール

社外製のハンドルですが、スタードラグが波打ってしまうそうです。

原因はプラパーツが少しゆがんでいるのと、ワッシャーのサイズが合っていないんですね。

あえてつけなくてよさそうです。

ハンドルノブも洗浄します。

特に不具合はありません。

巻いた印象はかなり重く感じましたが、スプールシャフトに粘度高めのオイルが付着していることによると思われます。

メカニカルブレーキキャップから注油しているんだと思いますが、オイル過多の為ですね。

続いてボディ内部。

ギアが乾いている感じです。

スプレータイプのオイルでしょうか。恐らく揮発成分がグリスを流して、残ったオイルのみという感じです。

ドライブギア軸もグリス??

恐らくオイルだと思いますが、グリスを流してしまっているようです。

全体的に汚れはそれほどなく、主にケミカルの色だと思います。

バラシました。

レベルワインドには緩めのグリスを添付します。

順番に組んでいきます。

この時点では気にならなかったんですが、ウォームシャフトギアの向きが逆だったようです。

それにしてもこの向きって影響がほぼないと思っていましたが、巻き感が明らかに違うんですね。

ドライブギアにはボアードグリスのDELTAを添付して組み上げます。

DCユニットも全バラシします。

バラさんでもいいかもしれませんが、せっかくなのできれいにします。

完了です。

で、巻き心地が少し触るんですね。

ハンドルのガタは無いと思うんですが、ちょっとコロコロとあたる感じがある訳です。

上下ひっくり返して入れ替えてみると・・・

コロコロ感はましになったかな??という感じです。

その分ガタがあるんでしょうか。ほとんど違いは無いと思いますが、こちらで組んだ方がよさそうです。

作業完了しました。

ギア交換すべきかどうか、微妙な所ですが状態は良くなったと思います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー