当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 18エクスセンスCI4+ 3000MHG(前編)

スポンサーリンク

05セルテートに引き続き18エクスセンスCI4+3000MHGのオーバーホールです。

かなりノイズがあります。恐らくベアリングがさびていると思います。交換するベアリングはシマノ純正のSARB指定です。

オーバーホール

まずはハンドルノブから。

さびてますね。

ラインローラーは問題ないですね。

洗浄します。

ハンドルノブのベアリングを交換します。

軸にBOREDのHYDRAを添付します。



HYDRAはフィッシングユーザー向けで定番製品のGOLYATと、BOREDのマスターピースとも言えるBSLR両者の特性をハイブリッドした、超低粘度なメンテナンス向けマルチパーパスオイルとして主にフィッシングユーザーをターゲットとした製品となります。
 

シムは0.1mmを入れます。

ラインローラーはフッ素グリスを添付します。

続いてボディ内部の前にローラークラッチから。

さびてます。

ルーターで研磨すると意外とサビが取れました。

交換が必要だと思っていましたが、このままいけそうです。

ボディ内部です。

特に不具合もなさそうですが。

ピニオンギア下のベアリングが完全に錆ています。

ピニオンギア上部もアウトでした。

サビですね。

ギアも錆があったので、ベアリングと接地する箇所と内部を研磨して。

ピニオンギア上下のベアリングを交換。ドライブギア左右は洗浄してシマノ純正DG06を充填しています。

BOREDのOMEGAとALPHAでグリスアップです。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

やはりギアがダメですね。コロコロとしたフィーリングが残ります。

ノイズはほとんど消えました。ベアリングが主な原因だったようです。ドライブギア、ピニオンギア、中間ギアの交換でどこまで良くなるかですね。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930