カスタムレポート 18ステラ 1000SSSPG オーバーホール&チューニング

スポンサーリンク

18ステラのオーバーホール依頼です。

ノイズが気になるということでご依頼頂きました。確かにちょっとゴリゴリと鳴っています。

オーバーホール

まずはノイズの原因について。

シムのヘタリでガタツキが生まれています。また、少しベアリングが振れています。

中古で購入されたそうですが、恐らく市場に出回る前にOHされているようです。

内部が綺麗ですし、組み方が純正でない、ローラークラッチの撥水処理が完全に取れて、グリスが少し付着している状態でした。

※ローラークラッチのXプロテクトはどちらでもおかっぱりだと違いはなさそうですが。

洗浄して。

シムを調整して。

ボアードALPHAで仕上げます。

だいたい滑らかになりましたが、ガタツキがわずかに残ります。ドライブギアのクリアランスの調整が必要です。

またザラツキはあまりないですが、ベアリングもわずかにノイズがあるので、2点をプレミアムベアリングに交換。

ローター回転を優先する為、ピニオン上下をオイルチューンのプレミアムベアリングで組みました。

ドライブギア左右はNMB製のグリスチューンです。

シムは外シムの0.01mmを追加します。

まだガタツキがあるので、0.03mmのシムに交換。

きついので、0.01mmを2枚にして・・・。

うーん。決まらないです・・・。

ガタツキが取れるとノイズが出るんです。特有のザラツキですね。

内シムを0.01mmにしてみますが、わずかにガタがありますねぇ。

0.025mmだとザラツキがあります。

ギアのストックがあったので、交換してみましたが変わらない・・・・。

原因はボディのゆがみでしょうか。

ウェーブワッシャーのヘタリを調整して組みなおしてこの状態なので、平シムに変えると恐らくノイズが出そうです。

私もこの番手を所有していますが、チューニングの鬼門です。

とりあえず、ローターやハンドルもオーバーホールしていきます。

ラインローラーの向きが逆だったので直しました。

ここは問題なし。

ハンドルが少し難ありでした。

ベアリングがざらざらです。あと内部の塩ビパイプがありません。

無くても問題ないですが、少しガタがあるので、ベアリング2点交換して、0.05mmのシムを追加。

ハンドルノブのノイズとガタが無くなったと思います。

僅かにチャカつくんですが、ザラツキが出ると気になると思うので、出来る限りスムーズに回転するようにしました。

どっちに寄せるかという調整内容ですが、ノイズは極力排除しました。

一度ご確認いただけると幸いです。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー