当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 18ステラ 4000MHG ハイパーチューン

スポンサーリンク

18ステラ4000MHGのオーバーホール依頼です。

3年ほど年10回程度、リバーシーバスで使用されているそうです。違和感はまだ出ていないそうですが、オーバーホール依頼頂きました。

状態はよさそうですね。

オーバーホール(ハイパーチューン)

まずはローター、スプール、ハンドルをばらします。

ラインローラーも異音は無いです。

汚れもそんなにですね。

ハンドルノブのシム調整です。

インナーがありますが、その調整の為にシムが0.25mm?で入っています。

ベアリングがざらざらなので交換します。

インナーなしだと、0.18mmですかね??

プラカラーでクリアランスを取っているのと、左右のガタではなく、径のガタがわずかにございます。

シムは、内側に5*7*0.15mmと4*6*0.03、0.01mmを入れました。

ボディ内部です。

グリスの量も適量ですね。

洗浄します。

汚れあまり感じません。

中間ギアのシム、0.1mm

ウォームシャフト下、0.38mm

ピニオンギア下、0.57mm

ドライブギアはBOREDのDELTAで組みます。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

少しOMEGAを追加。

ウォームシャフト、中間ギアもOMEGAですね。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

結構いい感じで仕上がってきました。もう少しですね。

ドライブギアのシムを減らします。

0.20mmでしたが、0.18mmへ。

ピニオンギアのシムを再調整します。ツラ合わせのシムを抜いて、下部0.48mm、上部0.05mmを入れます。

上部に入れない方がいいですね。

最終的には0.52mmで仕上がりました。

ザラツキを出来るだけ排除しました。

状態の良いステラをハイパフォーマンスチューンすると非常に気持ち良い巻き心地になります。

ありがとうございました。

コメント

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930