当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 20ツインパワー 4000MHG ハイパーチューン

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

19ヴァンキッシュに引き続き、20TP4000MHGのオーバーホールです。

ハイパフォーマンスチューンを行います。

オーバーホール

ローターパーツは交換しますが、パーツ待ちです。

内部には砂が入っていますね。

ラインローラーは大丈夫みたいです。

洗浄します。

粘度UP 防錆特化型 ●グリッチオイル独自の特殊潤滑添加剤を配合することにより中粘度でありながら納得のいく潤滑性能と耐摩耗性能を発揮。

ハンドルノブのノイズが出ていましたが、こちらもロサでノイズが消えました。

特に錆びていないので、交換なしとしています。

ローラークラッチには少し錆が。

ボディ内部。

変色していますね。水分が内部に侵入している可能性が御座います。

バラして。

洗浄します。

ウォームシャフト上下をベアリングに交換です。

シム調整ですが、中間ギアを0.18mm

ウォームシャフトを0.30mmでテスト。

最終的には0.43mmです。

ピニオンギア下ですが、0.48mm

組みます。

ローラークラッチは研磨しました。

シュルシュルとした違和感がありますね。

再度調整します。

0.17mm

ベアリングですが、交換してテストです。

ピニオンギア上下を高耐食ベアリングに交換。

組んでみたところ巻き感が良化しましたが、シュル感が残りますね。巻き心地もベアリングの劣化が少しあるようです。

ドライブギア左右も交換します。

ハンドル側は元々のベアリングを使用しました。

ドライブギアのシムも調整します。

0.18mm→0.175mmで確認します。

多少テンションを抜いてみましたが、シュルシュルのギア鳴りが改善しません。最終的な調整はここでした。

ウォームシャフトピンのシムを交換。0.10mm→0.03mmへ。

ローターガタが無さすぎるので、若干回転抵抗が出ているので、ピニオンギアのシムを0.48mm→0.47mmとしました。

かなりシュルシュルノイズは消えました。ガタツキは出来る限り取っております。ローター周辺パーツが来次第仕上げます。

ローター周りのパーツ交換(2/18)

パーツ手配できました。

4点交換します。

ローター以外の外観が入れ替わったので、キズも目立たなくなりました。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829