修理依頼 16ナスキー C2000HGS バラバラになったナスキーの組み上げ

スポンサーリンク

16ナスキーC2000JHSの修理依頼です。

シャリシャリするようになってしまったため、ご自身でメンテナンスをしようとしたところ、組み上げられない状態になったそうです。

シャリシャリの原因

ローラークラッチとピニオンギア上のベアリングがさびています。

下は錆なし。

ローラークラッチ内部のタマ。

インナーもサビサビですね。

この2点交換します。

ローターのカバーネジが無いと思っていたら、ボディネジと間違っていました。

足りないパーツ

以下の3点でした。

音出しピン。

ボディネジ。

ボディガードの固定ネジ。

ストックがありましたので、組んでいきます。

オーバーホール

洗浄します。

ボディ内部もばらしていきます。

洗浄します。

汚れです。

組み上げていきます。

ローラークラッチ、ベアリング1点交換します。

摺動部はシマノ純正グリスでグリスアップしていきます。

ドライブギアはBOREDのALPHAで仕上げます。

作業完了しました。

幸い、その他のベアリングは錆は出ていない状態でした。

グリスアップしてみて使えるレベルでした。その他はダメージが無かったので、恐らく海水がメインシャフトから侵入したことが原因だと思われます。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー

コメント

  1. 佐藤氏 より:

    ナスキーの方ご対応ありがとうございました。
    気になっていたシャリ感もとれてとても助かりました!