当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 19ヴァンキッシュ 2500S ハイパーチューン

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ 2500Sのオーバーホール依頼をいただきました。

中古で購入後、1度使用されてからOH依頼です。

軽く滑らかにしたいという意向です。

オーバーホール(ハイパーチューン)

状態は非常に良さそうなので、出来る限り軽くなるように仕上げます。

外側を分解洗浄します。

使用感もそれほどなく、目立った不具合箇所も御座いません。

ボディ内部です。

グリスは若干多めに感じますが、問題ないですね。

ウェーブワッシャがちょうどへたって巻きが軽く滑らかになっている状態だと思います。

洗浄します。

ベアリングはグリスオフして、オイルチューンに。

状態も問題なさそうです。

汚れもほとんどなし。

ウォームシャフト下部のブッシュをベアリングに交換します。

平座金を変更します。

ここも変更します。

ピニオンギア下部を調整します。

ドライブギアの外シムを追加してテストします。

結局、ドライブギアのシム追加なし、ピニオンギアのシムの調整のみとなりました。

ボアードグリスで仕上げます。

ドライブギアはDELTAとALPHAを混合して。

中間ギア、ウォームシャフトはTHETAで仕上げます。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

組みます。

作業完了しました。

元の状態が良かったので、そこまで劇的な変化は御座いませんが出来る限り軽くなるよう仕上げました。

ありがとうございました!

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930