当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

改造依頼 19ヴァンキッシュ C2000SHG ノーマルギア化

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュC2000SHGのギア比変更依頼です。

ハイパフォーマンスチューンでのご依頼でした。

状態を確認すると、リーリングでザラツキがございましたが、このザラツキはギアの不良ではなく(現状は多少ギアの摩耗があるかもしれませんが。)、ボディの形成不良によるものと思われます。

その点をご説明し、通常OHに切り替えて作業致します。

改造&OH

ギア比をノーマルにするので、3点交換となります。

ラインローラー、ハンドルは作業無しということで、ローターも特に違和感がないので、2点作業無しで進めます。

グリス自体は変色しているので、多少経年劣化はあるかもしれません。

ボディ内部です。

グリスがメインシャフトに付着していますが、グリスが若干多いくらいですね。そこまで違和感はありません。

ドライブギアにはグリスとオイルが混じって乗っています。

ベアリングのグリスが流れている感じですね。

フタ側のベアリングはオイルでグリスがかなり抜けています。

注油量は若干多いかもしれません。

摺動子ガイドが少し汚れています。

洗浄しました。

ベアリングはまだ使えそうです。

BOREDのLIGHT DUTYでオイルチューンで仕上げます。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ハンドル側のベアリングに僅かに振れとザラツキがありましたが、うまくなじみました。

ギア交換します。

ドライブギアはBOREDのTHETAを添付します。

ウォームシャフトはOMEGA、中間ギアはTHICK HEAVYとネメアで仕上げます。

メインシャフトにはBALBOAを添付します。

BALBOAはBSLRオイルとHYDRAオイルを除く他のBORED METHODオイルと混合カスタム使用する事が可能です。 フィッシングリール、スケートボード、サイクルパーツなど、ミニチュアベアリング部及びメタルパーツ全般での使用をお勧めします。

組み上げて巻きチェックしました。

巻き心地はかなり軽くなりました。

ギア比が変わったので当たり前と言えばそうですが、押し付けて巻くとザラツキがあります。

シム調整等は行っておらず、ドライブギア側は0.10mmと0.05mmのシムが1枚ずつ入っていますが、0.01~0.03mm位追加した方がガタツキは良化しますが、相反してザラツキが強くなってきます。

現状が最も違和感なく巻くことが出来る状態だと思います。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930