チューニング依頼 20ルビアスFC LT2500S マグレス&フルベアリング&軽巻きチューン

スポンサーリンク

20ルビアスFC LT2500Sのチューニング依頼です。

マグシールドレス化、軽巻きチューン、フルベアリング化を行います。

フルベアリング化

ベアリング追加箇所は以下です。

ハンドルノブ、スプール受け、スプール内部の3か所です。

すでにハンドルノブはBB化されています。

回転チェックするとザラツキとシャラシャラ感があるので、ハンドルノブのベアリングは2点交換します。

スプール回りはベアリング化することで感度が上がりますが、体感できるかどうかは正直な所わかりません。

ラインローラーのメンテの方が重要ですが、スプールがスムーズに回るのは大物をかけた時にかなり有効になりますね。

マグシールドレス化

続いてマグシールドを除去します。

マグネットを外します。

接着剤でくっついているので、丁寧にデザインナイフを入れてはがします。

軽巻きチューン

最後に軽巻きチューンですが、ベアリングをBOREDオイルチューンで仕上げます。

ボディを開けます。

状態はいいと思います。

洗浄します。

ベアリングはシールドを外して洗浄です。

完全にグリスを抜いてから、BOREDのLIGHT DUTYを添付します。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、
低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

そのままだとちょっと粘性が高いので、KRAKENを追加して粘度を落としてやります。

ミニチュアベアリングやメタルカーラー等への使用を前提として設計したBORED EMTHODラインナップ中で一番低粘度となる超低粘度ミニチュアベアリング用チューニングオイルです。

オシレーティングギアはBOREDのOMEGAを使用します。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

ドライブギアはBOREDのTHETAですね。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ローラークラッチはクラーケンで仕上げていきます。

マグオイルの色で汚れ具合はわかりません。

スプールシャフトにベアリングを追加です。

作業完了です。

一度グリスの量を調整するため、馴染ませてから分解しました。

ベアリングも交換不要で仕上げることができました。巻き感はライトになったと思います。シム調整も不要で良い個体ですね。

ありがとうございました。

ZAIONモノコックボディで超軽量、高耐久を実現。大幅に進化を遂げた次世代LUVIAS
スポンサーリンク
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー