チューニング依頼 20ツインパワー C2000S ハイパーチューン

スポンサーリンク

20ツインパワーC2000Sのチューニング依頼です。

ご自身でチューニングしてみて巻きが重くなったということでご依頼です。

巻き重りの原因

ボディ内部ですが、メインシャフトにグリスが付着しています。

粘度が高いグリスなので、相当な抵抗になっています。

写真では分かりにくいですが。

あとはシムが少しきついんですね。

ここのシムが脱落しています。

特にないからと言って問題になることはなさそうです。

ベアリングのグリスも多めです。

洗浄しました。

チューニング

ブッシュをベアリングに交換します。

シムを減らして組みます。

0.32mm→0.27mm

0.23mm→0.16mm

0.42mm→0.38mmへ変更します。

組みます。

グリスも多くなり過ぎないように注意です。

組みましたが、少しカタカタなります。

ピニオン上部にシムを追加します。

0.02mm分。

ドライブギアのシムも調整します。

0.21mmで入っていましたが、0.18mmで仕上げます。

ピニオンギアのガタが出ました。

0.01mmのシムを入れます。

まだ緩いですね。

ドライブギアにシムを追加します。

0.01mmです。

ピニオンギアのシムは0.4mmで落ち着きました。

フィーリングはいいですが、もう少しガタを取りたいですね。

最終的には、ドライブギアは0.20mmで落ち着きました。

最後にラインローラーのグリスを少しふき取ります。

若干まわりが良くなると思います。

作業完了です。

0.01mm単位で調整しましたが、ちょうどで仕上げるか、緩めで仕上げるかで好みが分かれますね。

ちょうど(きつめ)にしておきました。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー