当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 15イグジスト 2508PE(後編)

スポンサーリンク

15イグジストのギア交換で戻ってまいりました。

交換したパーツです。

オーバーホール依頼 15イグジスト 2508PE(前編)
10ステラに引き続き15イグジスト 2508PEのオーバーホールです。 出来るだけ軽く仕上がるように希望を頂きました。 巻き馴染みが出るとそこまで違和感がないようですが、若干ノイズを感じます。 オーバーホール スプール受けにラインが巻き付い...

巻き重りがあるのと、ゴロ感が出ているので再調整します。

オーバーホール

とりあえず交換したパーツを取り出します。

何度か組みなおしましたが、ゴロ感の原因はドライブギア、ピニオンギアの状態か、ボディとのバランスですね。

ギア2点、ボディで組んでもゴロゴロとしたフィーリングは抜けないんですね。ギアがダメというのは考えずらいので、ボディ側の精度によると思われます。

元のギアのシャリ感があったので、その点は改善しています。

マグシールドボールベアリングを通常のベアリングへ交換テストしましたが、ノイズが強く出てしまいますね。

軽さもそこそこなので、純正のままの方がいいと思います。

なお、サイドカバーの締め付けテンションで調整するのはナンセンスなので、クリアランス調整としてシムを減らしました。

0.40mmでしたが、0.10mm分を0.06mm分へ。

0.04mm分減らしてガタツキがちょうどでないレベルですね。

オシレーティングギアのOリングを交換。

回転が渋いので、シムを減らします。

0.10mm→0.05mm。

かなり軽めのフィーリングになりました。

ベアリングはピニオンギア上下を交換します。

少しザラツキが改善しました。

グリスアップします。

ギアノイズがあるので、しっかり目に添付しますが重くならないようにグリスアップします。

最後にATDワッシャーを組み込みます。

作業完了しました。

マグシールドはそのままですが、オシレート回りの回転抵抗は下がったことでスムーズになりました。出来るだけノイズを取り除くように調整してみましたが、このギアノイズは完全に取れないです。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930