18ステラ C3000MHGのハイパフォーマンスチューンによるがたつきの調整(前編)

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

18ステラ C3000MHGのオーバーホール依頼です。ハイパフォーマンスチューンでがたつきを取りたいという内容です。

中古購入でメインシャフト、ボディにオイリーな感じがあるとのこと。

リールの状態

ローターナットや。

ラインローラーは使用感がほとんどありません。

普通は変色しているものですが、メンテナンスされているのかもしれません。

ローラークラッチも不具合は感じられません。

ボディ内部ですが、グリスが抜けています。またドライブギアが焼けたような状態です。

ドライブギアは摩耗痕は見当たらないですが、グリスがあまり残っていない状態です。

ウォームシャフトのグリスが完全に抜けています。

メインシャフトへの注油により流れてしまったのかと思います。

ボディ内部のベアリングも若干グリスが浮いていますね。

洗浄とシム調整、グリスアップ

スプール、ローターは不具合箇所はなし。

ハンドルノブのシムは0.80mmですが、0.78mmで仕上げます。

ラインローラーはフッ素グリス、ハンドルノブはBOREDのMENEA、LIGHTDUTYで仕上げました。

ボディ内部を仕上げます。

全体の汚れです。

ウォームシャフト下のシム調整です。

0.30mmでテスト。

0.32mmで組みました。

ピニオンギアのシム調整ですが、ベアリング下のシムは抜いて、0.40mmで組みます。

0.45mm。

0.43mmでがたつきがなくなりました。

クリアランスはばっちりだと思います。

中間ギアは0.08mmですね。

現状でテスト。

違和感がないですが。気になるのはハンドルのシムバランスですね。

0.20mmですが、ギアへの圧が高いのようなフィーリングです。ギアの消耗もあるかもしれませんし、そもそものパーツのバランスが悪く、良くしようとしてメインシャフトへの注油、ドライブギア左右に注油してボディのグリスが緩んだような印象を受けます。

とりあえず、ドライブギアをBOREDのALPHAでグリスアップします。

ウォームシャフトと中間ギアはOMEGAを添付します。

もともとスムーズなんですが、コロコロ感があり、作業後はコロコロ感はかなり改善し、ギアのざらつきが残っています。

ピニオンギアの焼けにより、ギアのフィーリングが合わない可能性もありますが、ボディ精度による場合は新品に交換してもそこまでよくならないかもしれません。

ただ、ドライブギアのシムがきつすぎるような感じも受ける(現状は摩耗してアタリがついた状態)ので、ギア交換、シム調整でもう少しフィーリングが良化すると思われますね。

ギアが手元にないため、手配しテスト致します。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829