オーバーホール依頼 19バリスティック LT2000S-Pのボディ内部をFW LT1000S-Pと交換

スポンサーリンク

19バリスティックLT2000S-Pのボディを以前ご依頼頂いた19バリスティックFWと交換するご依頼です。

無印のバリスティックの方が巻き心地が良く、FWのフィーリングを良くしたいということでご依頼頂きました。

以前の内容です。

19バリスティックFW LT2500S-Cのオーバーホール依頼です。 以前に1000番をご依頼頂きました。 25...

2000番のベール下がりの調整も行います。

ボディ内部入れ替え

2000番の内部です。

洗浄します。

1000番もばらします。

入れ替え実施。

シュルシュルとしたノイズが無くなりました。

ギアの消耗が大きかったようです。巻き感は良くなりました。

ベール下がり修正

写真の通り、何かを噛ませるとベールが上がります。

ナイロンテープでどの程度の厚みが必要かテストしました。

0.40mmで平行ですね。

ちょうど0.5mmのナイロンワッシャーがあったので、加工して接着します。

2液性エポキシで固定します。

少し放置。

その間に組みます。

ノイズが無かった個体でしたが、ギアが消耗しているんでしょうね。異音が出ます。

ローター下がりは解消しました。

最終シム調整します。

0.55mm。

センター出しして、マグオイルを充填します。

作業完了です。

1000番は良くなりました。またベール下がりは解消しています。

使用ケミカルは前回とほぼ同じですが、組み替えた2000番のボディベアリングは特に洗浄せずそのまま使用しております。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
カテゴリー