【改造・インプレ】22メタ二ウム シャローエディション 全分解による内部チェック!(後編)

スポンサーリンク

前回から引き続きボディ内部をばらしていきます。

22メタニウムシャローエディションXGが届きました。 開封 早速取り出していきます。 付属品は説明書とバンタムオイ...

全バラシ(ボディ内部)

ハンドル軸を外していきます。

ハンドル軸

ネジを2本取ります。

唯一のEリングを外します。

ここ以外にはEリングが無いようです。

外れました。

ハンドル軸ですが、右ハンドルは順ネジです。

軸をしっかり固定してからプラスドライバーで外します。

これでベアリングが外れます。

外す必要はないんですけどね。

レベルワインド

このままレベルワインドガイドを抜きます。

引っ張り上げます。

レベルワインドがフリーになります。

ウォームシャフトが抜けないので、先にレベルワインド受けというキャップをはずして。

ピンを抜きます。

中にワッシャーがあるので紛失注意です。

全パーツバラシ完了

バラシ終えました。

各パーツのブラッシュアップで軽くなっています。特に気になったはウォームシャフトがCI4+化している点ですね。

そこまで気にする人はいないと思いますが、重量が軽くなっている反面、レベルワインド付近のルーズさにつながらないか心配なポイントでもあります。

組み上げ&改造ポイント

組み上げと改造ポイントを検証します。

1BBカスタム

ウォームシャフトのブッシュをベアリングに置換します。

これはすぐに出来ることですね。

4*7*2.5mmのベアリングに置換するだけ。

ウォームシャフトギアですが、向きがあるので適当につけようとしてもEリングがはまりません。

このウォームシャフトギアの取り付けはコツがいりますね。

ウォームシャフト&レベルワインドパイプのメタル化&2BB化

カスタムポイントとしてですが、レベルワインドパイプがプラスチック製ですが、ここはヘッジホッグスタジオさんの18バンタムMGLのレベルワインドパイプを入れることで2BB化が可能になるようです。

同じく18バンタムMGLのウォームシャフトはブラス製なので、こちらを手配してメタル化してみようと思います。

前回からかなり期間が空いてしまいましたが22メタニウムシャローエディションの改造をやります。 22メタの改造の内容(全3回...

クラッチパーツの取り付け

しっかりとグリスアップしながら取り付けていきます。

レベルワインドを取り付けてからクラッチレバーをつけてもいいんですが、見ずらいので先にクラッチレバーから取り付ける方が簡単かもしれません。

クラッチカム。

一体形成になったので取り付けやすくなっていますね。

ドラグ、ギアのグリスアップ

ドライブギア、ドラグをグリスアップします。

ドライブギアはBOREDのDELTAで仕上げました。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

ドラググリスはDG01ですね。

ボディ組み上げ&ハンドル取り付け

ボディネジを間違えないように締めます。

スプールとサイドプレートを装着して。

ハンドルを取り付けます。

無事終わりました。

分解した結果

各パーツを検証していきましたが、20メタニウムとほとんど違いないので、あまり収穫のない内容かもしれません。

前編の繰り返しになりますが、夢屋のシャロースプールが初期状態で搭載されている為、PE0.8号、1号を下糸なしで使いたい人には非常にマッチしたリールになっていると思います。

せっかく軽量化されているんですが、レベルワインドパイプとウォームシャフト、ベアリングチューンを行い、どのような変化があるか、検証してみます。

●夢屋シャロースプールを標準装備。テクニカルな釣りにフォーカスしたスペシャルモデル。

スポンサーリンク
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー