オーバーホール依頼 17ツインパワーXD C3000XG

スポンサーリンク

17ツイパワーXD C3000XGのオーバーホール依頼です。

OH依頼頂きました。途中までご自身OHされたそうですが、時間が取れないということでご依頼頂きました。

オーバーホール

スプール洗浄します。

ドラググリスを添付します。

ボディ内部です。

全バラです。

すべてのパーツを分解してから組みます。

ボディ内部の汚れ。

ベアリングは4点交換します。

18ステラのドライブギアと17TPXDのピニオンギア、中間ギアと交換します。

軸受けの段差がありクリアランスが異なります。

BOREDでグリスアップします。

ドライブギアはALPHAです。

4000番は入れることが出来たんですが、この番手は入らないですね。

固体差があるのかもしれませんが、シム0枚でも抵抗感があるので、ボディに干渉しているようです。

現状のギアで組みましたが、少しノイズがあります。

新品と交換してみます。

このシム、おそらくピニオン上部のシムですね。

シムを抜いてテスト。若干緩いので0.01mm追加します。

組みます。

ダメですね。ノイズが取れません。

中間ギアのシムを減らします。

0.15mm→0.1mm→0.05mmと調整してみました。

ピニオンギア上部のシムを追加します。

元々0.05mm入っていたんだと思いますが、0.06mmに変更します。

やはりノイズが取れないですね。

中間ギア、ウォームシャフトを交換してみます。

ウォームシャフトは16ヴァンキッシュ、中間ギア、ウォームシャフトギアは14ステラのものを流用してみます。

多少フィーリングが変わりますが、ノイズの原因とは関係ないと思われます。また摺動子ガイドを研磨してみましたが、こちらもほとんど影響がなさそうです。

ローターノイズが出るので、ローターのかさ上げとスプール座金の追加を行います。

ノイズが取れないですね。

グリスを変更してみます。

シムを0.01mm分抜いてテストします。

フィーリングは良くなりますがガタツキが出ます。リールを傾けた際にローターが干渉しています。元に戻します。

ウォームシャフトピンのシム調整を行います。

0.1mm→0.05mm→0.08mmへ。

0.05mmだとシュルシュルしたフィーリングがでてしまうので、0.08mmにした所、ノイズがだいぶ消えました。

巻き心地も良くなったと思います。

ハンドルを下にしたときにウォームシャフトピンのカチカチの鳴りが出ますが、どの状態を許容するかどうかということになってきますね。

スポンサーリンク
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー