当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

修理依頼 05カルカッタコンクエスト 1000F クラッチが切れない

修理依頼
スポンサーリンク

05カルカッタコンクエスト 1000Fの修理依頼です。

クラッチが切れません。メーカー修理対応不可で眠っていたそうです。事例を見ていただいて依頼となりました。

このリール修理依頼が多く、状態がすごい個体が多いです。様々な不具合ですが、今回もなかなかな状態です。

オーバーホール

ハンドル、ネジを取ります。

隙間はできますが、取れない。

クラッチが切れないのは、概ね原因がピニオンギアのサビです。

このキャスコンのサイドプレートが取れない原因はメカニカルブレーキ内部のベアリングの固着ですね。

もちろん、スプールも取れません。

スプール受けが取れないですが、スプール軸をたたくと取れました。

何とかなりそうです。

取れるものを外して。

スプール軸をたたいて抜きました。

ギアが。

泥が固まっているような感じですね。

錆を研磨しました。

とりあえずボディは後で。

それ以外のパーツを洗浄します。

ワンウェイクラッチは、洗浄直後はシュルシュルですが、グリスアップしたところまだいけそうですね。

ベアリングはスプール左右と、ハンドル1点のみ、合計3点交換です。

復活です。

ボディをばらしていきます。

ハンドル軸が固着しています。

塩が回っています。このベアリングも交換です。

すべて高耐食ベアリングに交換しています。

なお、ここまで固着はがしで2時間位掛かっています。

ここからフレームとギアの研磨と洗浄を行います。

真っ白ですね。塩とグリスが結晶化しています。

リールフット部もかなり頑固な汚れです。

洗浄しました。

ギアやパーツを研磨しました。

リールフットもきれいにしましたよ。

フレームとギア周りの研磨で1時間。

洗浄液が大量。

固形物がかなり多かったですね。

組んでいきます。ここからは早いです。

クラッチレバーもスムーズです。

ハンドル軸のベアリング交換。

シマノ純正グリスで、グリスアップします。

ドライブギアはDG04、

その他はDG01を中心に、

ウォームシャフトのみBOREDのOMEGAで。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

綺麗に仕上がりました。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829