当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

修理依頼 ダイワ スーパータナセンサー X200I 早技

スポンサーリンク

タナセンサーに引き続きスーパータナセンサーです。

年式は1995年で、昨日のタナセンサーが2000年でした。

巻きが悪くなってメンテナンスしていたら、クラッチが効かない状態になったそうです。

オーバーホール

ほとんど構造が一緒ですが、ベアリング数が2点ほど多いのと、ワンウェイクラッチが搭載されていますね。

またこちらはスタードラグのクリック音があります。

洗浄を終えました。

綺麗になりました。

スプールベアリングが固着して外れません。

30分位かかりました。

錆ですね。

なお、奥にワッシャーが見えますが、昨日のタナセンサーではこのワッシャーが無かったようです。

あと、ウォームシャフトのパーツ(プラブッシュ)が組み違いになっています。

グリスアップします。

ハンドル軸にベアリングを追加します。

ベアリングは全滅でした。

作業完了しました。ありがとうございました!

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930