修理依頼 13オシアカルカッタ 300HG ドラグクリック音の調整

スポンサーリンク

3台依頼頂いた3台目、オシアカルカッタを作業致します。

オーバーホール

ドラグ音があまりしないということですが、ばらしてみます。

ハンドルを外すのに、11mmのソケットレンチを使用。

座金、パーツの順番を記録しながら作業します。

向きを注意ですね。

ハンドル部の洗浄完了。

ノブのクリアランスのみ調整しました。

それでは、ボディを開けます。

綺麗な状態です。

そこまで不具合はなさそうです。

このパーツがラチェットにあたってドラグ音が出る仕組みですが、バネのテンションを強くしてみます。

ドラグワッシャーの汚れが強いですね。

クラッチ付近やその他はそこまで汚れが目立ちません。

すべてばらして洗浄します。

これを組んでいきます。

スプールシャフトの受けのベアリングはオイルチューンで仕上げます。

ウォームシャフトギアはDG04ですね。

基本的には駆動部にDG04、ドライブギアはボアードグリスDELTAで調整します。

ボディにはDG01で全体を保護しておきます。

後は組み上げて完了です。

ドラグ音はましになったと思います。

音の大きさはそれほど改善しませんでしたが、時折音が鳴らないで、抜けてしまう箇所がありましたが、調整した結果安定してなっているんじゃないでしょうか。

ありがとうございました!

・・・と、作業を終えて、オシアのつづりを検索しているとドラグ音の記事を発見。

このピンを裏返してつけると。

こうですね。

しっかりと鳴るという内容。

思わず試してみました。確かに音が大きくなったと思います。気づいてよかったです!!

スポンサーリンク
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー