当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

18炎月プレミアム 150PGのクラッチが切れなくなった修理とOH

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

18炎月プレミアム150PGの修理のご依頼となります。

使用後保存なさっていたそうですが、クラッチが切れなくなったという症状です。

分解清掃

分解していきます。外観がきれいですが、内部は。

結構汚れています。少し洗いが足りないか。

洗いが少ない中、注油している箇所もあるのかもしれませんが、OHのタイミングを過ぎてしまうとよくこうなることがあります。

クラッチにもさびが少し浮いています。

固着前のねじです。タイミングが良かったですね。

すべてばらしましたが、ピニオンギアとベアリングが固着しています。

たたいて押し出します。

取れました。

スプールベアリングにもさびが。

軸もさびていますね。

さびを落としました。(写真を撮り忘れてしまいました。)

洗浄を終えました。

相当汚れがたまっていました。

ベアリング交換とグリスアップ、くみ上げ

ベアリングは5点交換です。

さびと固着、ざらつきが出ています。

組んでいきます。

プラギアはBOREDのOMEGA。

ドライブギア軸はBOREDのBSLU。

ストッパーギアの裏面にも添付。

ピニオンギアとベアリングの接点にも。

ドライブギアは純正グリスのDG04で仕上げました。

最後にハンドルの洗浄です。

こちらもBOREDのNEMEAとBSLUで仕上げました。

クラッチ切れるようになりました。不具合解消しました。

巻き心地もスムーズです。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829