当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

修理依頼 21カルカッタコンクエスト 101HG クラッチが戻らない(後編)

スポンサーリンク

かなり時間がかかりましたが、やっとパーツが届きました。

メーカー修理の遅延の原因は?

今回修理のために手配したパーツは本体Aシートと呼ばれるプラ板のパーツです。

21カルコンなので、最近の機種ですが、こちらで手配したのが6/8で、小売側へは9/8に届いたと取れる情報がうかがえます。

※当方は小売店(釣り具屋さん)から手配しています。

3か月間というのは、おそらく工場での生産ラインが随時稼働していなかったことが推測できます。このパーツに限らずいくつかのパーツでもなかなか届かないことがございました。

これだけのことですが、パーツがないと何ともなりません。

本体Aシート交換

再度ほぼ全バラシしてパーツを交換します。

バネの部分が折れてしまっていました。

ドライブギアはOMEGAを再添付します。

大変お待たせしました。

修復完了です。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930