16ストラディックCI4+ 改造計画(番外編)15ストラディックとの構造比較

スポンサーリンク

2019年はストラディックが一新されるかもと期待していましたが、今回は19ヴァンキッシュが目玉となりました。ストラディックの新機種を待っていた方は、来年はリリースされるかもしれませんが、あと一年も待つのは長いですね。

あと一年、リリース迄待てない!!

早くスピニングリールが必要な方は、15ストラディックと16ストラディックCI4+はどちらがいいのか。

具体的にそれぞれの違いと使い心地について考察してみました。

15ストラディックとは?

中級クラスのリールのベースとして登場したのが2015年

そして現在のラインナップの中で最も汎用性の高いリールがストラディックなんです。

どういうことかというと、

おかっぱりでの利用シーンをメインとして、

現在リリースされている約半数のスピニングリールは、15ストラディックをベースとした金型であり、パーツ類の互換性があると言っても過言ではありません。

そして、

15ストラディックの派生の上位機種がいくつかリリースされていますが、開発に関しては単独で行われたものだと思われます。

ボディー構造による分類

詳細の比較の前に、ストラディックの位置づけを確認します。

2019年迄のGフリーボディーのラインナップを見ると、以下の3種類に分類できます。

1.Sカムギア構造の低価格帯モデル

2.15ストラディックをベースとしたクロスギア構造の中価格帯モデル

3.14ステラをベースとしたクロスギア構造の高価格帯モデル

リリースされているスピニングリールを分類すると・・・。

Sカムギアは、価格的にもエントリークラスのリールですね。

Sカムギア構造の低価格帯モデル

16ナスキー、17セドナ、17サハラ

一方、中価格帯のラインアップは幅広いです。

15ストラディックをベースとしたクロスギア構造の中価格帯モデル

15ストラディック、17アルテグラ、18ソアレBB、18セフィアBB

16ストラディックCI4+、17サステイン、17ソアレCI4+、17セフィアCI4+、17コンプレックスCI4+、18エクスセンスCI4+、18カーディフCI4+

CI4+の素材を使用したモデルと、そうでないモデルで分かれます。

そして、14ステラをベースにした高価格帯モデルは、金額もさることながら、やはり巻き心地は秀逸です。

14ステラをベースとしたクロスギア構造の高価格帯モデル

14ステラ、15ツインパワー、16ヴァンキッシュ、17エクスセンス、17ツインパワーXD

15ストラディックのボディーですが、汎用の高さが一目瞭然でわかりますよね。

すでに18ステラはリリースされていますが、

14ステラのボディーをベースとしてストラディックがリリースされるか、

18ステラの派生機として低価格路線での独自開発になるのか、

が注目ポイントですね。

私は2017年から釣りを始めたので、情報がリアルタイムで得たわけではないので、間違っていたらごめんなさい。なお、上記にはSW(ソルトウォーター)機は記載していません。

外観

それではまず外観から。自分が所有している16ストラディックC2000S15ストラディック1000Sで比較しました。

ボディー全体。

スプールとハンドル。

Ci4+は赤と黒を基調をしたカラーリングに対し。

ノーマルはシルバーと濃紺を基調としています。

ローター(ベール)

形はそんなに違いが見えないかもしれませんが、ローターの作りは全く違います。

ストラディックCI4+はベールがチタン製。

内ゲリレバー(ベールを返す構造です。)の場所も異なります。

アームカム側にあるのがストラディックです。

一方、アームカムではなく一方反対側にあるのがストラディックCI4+です。

その為、それぞれのワンピースベールを交換することは出来ません。

ドラグ機構

なお、リテーナローターナットドラグ音出シラチェット等は形状がそもそも違います。

ドラグ音出ラチェットは、ノーマルのストラディックは幅が薄いです。

この音出ラチェットですが、

幅が薄すぎる為とスペアスプールとして互換性のあるスプールをセットしても、場合によっては音が鳴らない場合もあります。

価格差もほとんどないので、ラチェットは同じものでやってもらいたいですね。

メインシャフト

一方、メインシャフトは全く同じですね。

リールフット

ストラディックはアルミ素材となるためか太さが違います。

そして、ボディー素材。

ノーマルのストラディックは足つきフタがアルミでボディーが樹脂、一方ストラディックCI4+は軽量カーボンのCI4+ですね。

素材の差が、後で紹介する自重差を大きくしています。

自重比較

まず結論から。

ストラディックCI4+164.5gに対し、

ストラディック202.5g

38.0gの差!!

個別にそれぞれの重量を見ていきます。

ボディー

ボディーは素材がそもそも違うので、圧倒的な差があります。

ストラディックCI4+80.9gに対し、

ストラディックは95.9gです。

その差は、15.0g です。

詳しい写真はありませんが、ボディー内部のパーツの違いはほぼありません。(全くないですが、唯一内ゲリアタリの位置が異なります。)

ローター

これも素材の差ですね。

ストラディックCI4+29.1gに対し、

ストラディックは40.5gです。

その差は、11.4g です。

スプール

ストラディックCI4+23.2gに対して、

ストラディックは28.9g。

その差は、5.7g です。

ドラグノブ

ストラディックCI4+6.0gに対し、

ストラディックは6.5g

その差は、0.5g です。

ハンドル

いずれも40mmのハンドルです。

ストラディックCI4+は15.9gに対し、

ストラディックも15.9gです。

ハンドル自体の重量差はなしですね。

ハンドルノブ

ハンドルは差がありませんが、ノブの差は結構大きいです。

ストラディックCI4+は4.9gに対し、

ストラディックは7.8gです。

その差は、2.7g です。

自重差の要因

中身が同じリールなのに、全く別物に仕上がってしまう。

ボディーとローターの素材の差だけで15.0g+11.4g=26.4gも差があるということです。

自重差の要因はシンプルにCI4+という素材によるものです。

非常に単純ですが、これが単なる構造の差に加えて、様々なバランスのリールをリリース出来る所以ですね。

まとめ

徹底的に軽量化された、ストラディックCI4+の巻き初めの軽さ。

アジング、メバリング用の ライトゲーム専用機 として、 16ストラディックCI4+ C2000Sを購入しました。 ファ...

対し、アルミボディーのヌルヌル感にシマノらしさを感じさせるストラディック。

アジングにハマってから1000番ボディーのリールがほしくて、新たに購入したのが15ストラディック1000S。 昨年の2018年...
15ストラディック1000Sのフルカスタム後編です。 前編はラインローラーとハンドルノブのカスタムを紹介しました。 ...

それぞれの良さがきちんと明確に存在するんですよね。

気が早いですが、シマノスピニングリール2020年のリリース予想です。

14ステラ、16ヴァンキッシュ、15ツインパワーのボディーを20ストラディックとしてリリースしてくるのでは?と思っています。

ただ、正直な所、新たな金型から15ストラディックが誕生したように、20年のストラディックもオリジナルの金型でリリースされることを期待したいですね。

スポンサーリンク
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー