リールメンテナンス シマノリールのローラークラッチの分解・組上のポイントと注意点(18ステラ世代Ver)

スポンサーリンク

18ステラ世代の低摩擦ローラークラッチですが、14ステラ世代のローラークラッチより形状がより小さく繊細に進化しました。その為、パーツの組み上げ難易度が格段に上がっています。

本来は、このローラークラッチ自体を分解してオーバーホールをすること迄は想定していないと思われますが、構造上の難点がありました。

それは、自身でオーバーホールすると分かりますが、この低摩擦ローラークラッチというパーツ、オーバーホールなどの組み上げの際、以前のローラークラッチより圧倒的にバラバラになりやすいんです。

ローラークラッチの調整が必要なケース

そして必ずしもローラークラッチが原因ではないですが、ローラークラッチの調整で症状が改善することがあります。

・ハンドルが逆回転になる。

逆回転の症状はローラークラッチが噛み合っていないことで発生します。

・オーバーホールの際にバラバラになってしまった。

冒頭に紹介した通り、組み上げの際に玉が取れてしまう等です。

・回転の際にゴリ感がある。ハンドルのブレがある。

ローラークラッチの心出しが出来ていない可能性があります。

低摩擦ローラークラッチの組み上げ失敗例

バラバラになった、もしくは調整の為にバラシたローラークラッチの組み上げの仕方について紹介します。

この組み方ですが、間違いが一か所あります。

間違えても組み上げ出来てしまうので、そのまま設置するとハンドルが逆回転しかしない状態に。

正解は、

バネの向きが逆

でした。以下の写真は誤った例です。

正しくは以下の写真の赤い線の位置に、バネが接触するように組んでください。

バネのセッティングは容易になりましたが、この玉とバネの調整が非常に難しいんです。

組み上げのコツ

バネ→玉→リングの順で組むより、バネ→リングでいったんバネを固定してから玉を入れるほうがやりやすいです。

バネと玉の位置が合わないと正常に機能しませんので、3回位やり直しました。組み上げ精度が低いと、ローラークラッチが機能せず、逆回転してしまいます。

あと、ローラークラッチインナーというローラークラッチの内側のリングのようなものがありますが、ローラークラッチを組んだ後に差し込んだ方が玉がばらけるトラブルは少ないと思います。

ただし、ローラークラッチインナーを逆向きにセッティングする必要があります。

通常のノーマルの組み上げの場合は、先にローラークラッチインナーをピニオンギアにセッティングしてからローラークラッチを組んでいます。目視でフチが太い側と細い側が確認出来ると思いますが、通常は細い側が上向きに来るようです。

なお、逆に組んでも特に影響はないと思われます。

ローラークラッチの取り付け方

それでは組み上げたローラークラッチの取り付け方を紹介します。

ボディ側の赤い印の窪みと青い印のネジ穴

ローラークラッチの出っ張りの赤い印とネジ穴の青い印を合わせて組んでください。

そして、ローラークラッチは金属のパーツでカシメる容量で玉が落ちないように固定しているんですが、仮止めのような力で止めているだけなので。

不用意にローラークラッチを逆さまにすると、玉が落ちてしまいます。

ローラークラッチを取り付ける時は、本体のリール側を逆さまにして、クラッチの上に乗せるように取り付けるほうが安全ですね。

それぞれのパーツが以前のローラークラッチより小さく細かい為、かなり繊細な作業が必要になります。

ネジを3か所止めたら、ローラークラッチインナーを上から放り込んで。

ローターカラーとフリクションリングを取り付けてセッティング完了です。

まとめ

重要な点は2つです。

1.ローラークラッチ自体をただ組み上げる際には、玉とバネの位置を気を付けること。
2.ローラークラッチを取り付ける時は、中身をばらさないよう、逆さまに取り付けること。

この2点を注意すれば、恐らくローラークラッチがバラバラになっても再度元通りにできると思います。

ただし、作業は非常に繊細です。

バラして組み上げが出来ない時は組み上げを行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー