シマノ18ステラの一体型ラインローラーの分解と分離タイプラインローラーとして活用する方法

スポンサーリンク

昨年から21ツインパワーSW4000XGを使用しています。

前回からかなり日数が経ってしまいました。 4度ほど釣行したので、ファーストインプレを紹介。またボディ以外を分解してみたので内容...

もう1年以上使用していますが、一体型ラインローラーがシュルシュルと異音が鳴るようになったので、改造してみました。

一体型ラインローラーを分解して分離タイプとして設置する。

この一体型ラインローラーですが、ブッシュが破損するケースがありますが強引に分解することが出来ます。

※分離の方法については、WEB上でも公開されているので、ここでは割愛させていただきます。かなり特殊な加工方法なので、参考にされる方は自己責任でお願い致します。

下の写真の上段が一体型ラインローラーです。

下段が19ストラディックや19ヴァンフォード等の下位クラスの分離型ラインローラー一式です。

  • ラインローラー 605円
  • Oリング 165円(ラインローラー内に入っています。)
  • ラインローラースペーサー 165円
  • ラインローラーブッシュ 165円
  • ボールベアリング(4×7×2.5) 1,375円
  • ラインローラーカラー 275円

※すみません、適当に並べてしまっています・・・。

一体型ラインローラーに内蔵されているベアリングですが、通常のベアリングサイズではなくかなり特殊なサイズ(4*7*3.2mm位??)でして、これを交換出来ればいいのですが、汎用のベアリングだとクリアランス調整がうまくいかず、異音が出てしまうことが多いです。

その為、取り出したDLCラインローラー(一体型の黒いラインローラーのガワのみ)をそのまま分離タイプに移植するというシンプルな方法です。

取り外し方は割愛しますが、純正ラインローラーがカラカラで交換したいけど高いという方は、以下のパーツで組むことが可能です。

  • ラインローラースペーサー 165円
  • ラインローラーブッシュ 165円
  • ボールベアリング(4×7×2.5) 1,375円
  • ラインローラーカラー 275円

合計:1,980円

ベアリングの種類によってはもう少し安く出来ます。

以降ラインローラー異音が再発した時の交換にかかるコストも、大抵ベアリングのみでOKですから、コスパが非常に良いですね。

なお交換後1度テストしましたが、40~50gのメタルジグ、バイブレーション、ミノーで使用しましたが、異音が無くなっておりました。

経過を十分にチェックできていないので、耐久性はどの程度持つかわかりませんが、ラインローラーの異音でお悩みの方はご相談いただければ幸いです。

スポンサーリンク
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー

コメント

  1. 柴田ひであき より:

    非常に興味深い内容ですね。
    ここで質問させていただきたいのですが、DLCにこだわらない場合、18ステラに19ストラディックのラインローラーはそのまま取り付け可能という事になりますか?
    また、10ステラのラインローラーもこの組み替えができますでしょうか?
    質問ばかりで恐縮ですが教えて頂けると幸いです。

    • ともにぃ より:

      お世話になります。
      19ストラディックのラインローラーを18ステラに取り付け可能です。
      10ステラへ装着したことがないのではっきりわかりませんが、アームカムの形状が異なるので、
      ラインローラー座金を外してアームカムの加工が必要になるかもしれません。