新品購入した20ヴァンフォード 2500SHGを全分解!各部の分析&定番カスタマイズ(前編)

スポンサーリンク

ボディ以外19ストラディックとおんなじだなと思っていたので、当初買わないつもりでしたが、買ってしまいました。

20ヴァンフォード。

到着後未使用の段階で早速分解(全バラシ)です!

まだ展開図がHPで公開されていないようですが、ボディまでバラして構造を確認します。

開封&ファーストインプレ

付属品は19ストラディックと同じ。

リール袋なしです。

ハンドルは19ストラディックとはデザインが変わっています。

ボディ。

思っている以上に黒いですね。

ストラディックCI4+の刺し色の赤よりダークな印象です。本体も黒くなったので、全体が黒いです!

もちろん、親分のヴァンキッシュの黒には敵いませんが。

手にすると軽いのがわかります。

19ストラディック1000Sと変わりません。

いや、番手が1つ上なのにより軽いです。

ローターはマグナムライトローターで19ヴァンキッシュと同じですが、塗装が全く異なります。

つや消しブラック感が強い、でもつや消しでもない・・・。

ボディ部は19ヴァンキッシュとも19ストラディックともボディガードの形状が異なります。

内部は恐らく同じなので、外部のデザイン(形状変化)による差別化を図った感じですね。

差別化というより商品ごとにデザインをしっかり施してきた印象。

計量&スペック

では計量です。

全体

公式175gですが、

実際の自重は175.7gです。

何とかセーフ!!!

ボディのみで153.9gです。

続いてローター込で113.7g

ローター抜きで77.5g。

20ヴァンフォードはボディそのものが軽いということです!!

ハンドル

ハンドルは21.8g

ハンドルをCI4+ハンドルにしたらもっと軽くなりますね・・・

恐らく2~3g位は軽くなるかも。

なお、19ヴァンキッシュのNEWCI4+カーボンハンドルは素材の見直しで、16ヴァンキッシュと比較して2500番で3gも軽量化しているそうです。

シマノの独自の軽量カーボン素材であるCI4+をハンドルシャンクに採用することで、金属製ハンドルよりも圧倒的な軽さを実現。さらにハンドル軸には軽量のチタン製ハンドル軸を採用することで、前モデルのCI4+ハンドルと比較して#2500のハンドル組では3g、#4000のハンドル組では7gの軽量化を達成しました。

シマノ公式HPより

完全にカスタムポイントはここですね!!!

スプール&ドラグノブ

続いてスプール。

31.5gなので、十分軽いと思いますが、親分の19ヴァンキッシュのスプールに変えるともっと軽くなる???

公式自重175gですけど、スプールとハンドルを変えると19ヴァンキッシュの165gより軽くなるんじゃないでしょうか。

ドラグノブは20TPと19ストラディックと一緒です。

コストカットモデルですね!

ローター

30.4gです。

19ヴァンキッシュと同じだけあって軽さが際立っています。

スプール受け&ローターナット

スプール受けはプラブッシュですね。

ローター傘が異常なくらい軽いです。

力を入れると壊れそう。

ローターナットは真鍮製のブッシュですね。

8*4*2.6mm。

このワッシャーと合わせると、8*4*3のベアリングとほぼ同じサイズになるので、

ローターナット内部もBB化可能です。

注意点ですが、

ベアリングの内径がわずかに広いことですね。装着してみてわかりますが、カチッとした印象から少しルーズな印象に変わります。

巻きの軽さを優先するのであれば、ベアリングチューンはありですが、感度が上がるとノイズを拾いやすくなるので、気になる人もいると思いますね。

先ほどのワッシャーのサイズは、9*6*0.5ですね。

とりあえず参考に。

外径9mm

内径6mm

ラインローラー

19ストラディックと同じ、分解出来るタイプのラインローラーです。

これは18ステラ以前のものと違い、

X-プロテクト搭載のラインローラーで防水シーリングがバッチリですが回転があまりスムーズではないので、いきなり交換しました。

10ステラのDLCラインローラーカスタムです。

18ステラの世代より、ラインローラーは一新。 Xプロテクトで防水性能がUP!! そして、19ストラディックのラインローラーも、従...

ハンドルノブ

19ストラディックとの違いの1つ。

20ヴァンフォードのハンドルノブは2BBです。(19ストラディックは1BBなんですよね。)

これはお恥ずかしながら、分解するまで気付きませんでした。

スペック上、以下は共通なんですが。

自重とBB数が異なるという違いのみ。

これで5,000円の差ですが、安いとみるか、高いとみるか。

シマノ純正防錆ベアリング(S-ARB)搭載だと思うので、1,250円(税抜)だとすると、マグナムライトローラー搭載している点から、金額差は妥当でしょうね。

不具合ヶ所

たまたまだと思いますが、少し不具合もありました。

アームカムのバリ

あと写真ではほとんど写っていないですが、

アームカムにバリがありました。

ここです。

このタイプの塗装のせいかどうかわかりませんが、ラインが引っかかるんじゃないの??っていうの位の位置のバリ。。。

これはちょっと心配ですよね・・・。

ハンドルノブの回転

この個体のハンドルノブの回転が全然ダメだったので内部チェックしてみた所。

何がダメかと言うとコレです。

調整シムが歪みまくってます!!!!

まっすぐなシムと交換します。

事なきを得ました。

まとめ(前編)

不具合があり、少し残念な気持ちになりましたが、それでもこの機種はポテンシャルがすごいです。

触った印象は19ヴァンキッシュです。

バス、トラウト、エギング、ライトソルト、なんでもこなせる1台です。

デザインも賛否両論だと思いますが、実機はそれほど悪くなかったですよ。ただ、かっこいいと素直に言えない自分がいます。

何が?って、スプールの横のラインがいらんですね。

頭でっかちなスプールに見える原因だと思います。後はボディガードも19ストラディックのままで良かったんじゃ・・・・

好みがあるのでそれ以上言っても仕方がないですね。

後は、耐久性がどの程度か、という所ですね。

リリースされたばかりなので何とも言えませんが、過去のCI4+リールでの強度不良によるクレームも特にないようなので、基本的には心配はないと思います。

とりあえず後編でボディの中を見てみます。

前回はボディ内部以外のポイントを確認しました。 今回はボディ内部をばらしていきます。 ボディ全分解 では順番にばらしていき...
スポンサーリンク
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー

コメント

  1. rand より:

    度々すみません
    同じ番手の20ヴァンフォード2500SHGを先日購入しましたがアームカムのバリは無かったです(7月製造品)
    19ヴァンキのパーツを組み合わせることでPEライン0.6号-200Mを巻いた状態でも171gでした。
    使用した19ヴァンキの純正パーツは
    ドラグノブ
    C3000SHGスプール
    55ミリハンドル(I型ノブ)
    以上の3点です
    ちなみにスプール受けにはベアリングを追加していますがクロスギア軸上下には追加していません

    • ともにぃ より:

      いえいえ。
      情報ありがとうございます!やはりボディはヴァンキッシュとほぼ同じ重さですね。
      たまたまですが全く同じ番手を入手されているんですね。
      バリは組んだ人の問題かもしれません・・。昨日グリスを抜きましたが、内部がべたべたでした。おそらく組付け時のキズのようです。
      塗装でキズが目立ちにくいんで検品を通過したんだと思います。