当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

ダイワ 20ルビアス FC 2000S 改造計画(6)~定番のベアリングカスタム~

スポンサーリンク

前回からかなり空いてしまいました。

他のブログでもかなり紹介されていますが、せっかくなので20ルビアスのBB化のカスタムについてご紹介します。

ハンドルノブのBB追加

20ルビアスのハンドルノブの1つはベアリングです。

しかし、もう一方には、見た目が黒いオープンタイプのベアリング仕様のブッシュです。

それでは、交換していきます。

ハンドルノブのキャップを外します。こんな感じの工具があると便利。

黒いんがカラーブッシュです。

これを入れ替えるのみ。

ベアリングサイズは4*7*2.5です。

私はウェーブワッシャーも入れかえるタイプです。

この辺はお好みでOKです。

平シムはこちらがおすすめです。

スプール&スプール受けのベアリング追加

続いてスプール内部とスプール受けのベアリングを追加します。

スプール内部のサイズは6*10*2.5。

一方スプール受けは、7*11*2.5のサイズですよ。

スプールベアリング化

スプール上部の留め具を外して。

ドラグを外していきます。

ベアリングを止めているパーツを取り。

スプールカラーをベアリングに交換するだけ。

元に戻して終了。

ドラグフェルトは洗浄しない方がいいと思います。

ATD専用のグリスが添付されていると思いますので、購入してからあまりたっていないのでしたら、なおさらグリスはそのままの方がいいと思います。

スプール受けベアリング化

続いてスプール受けのスプールメタルカラーをベアリングに交換します。

スプールワッシャーを外します。

続いてイモネジを外します。

0.89mmの六角レンチがいります。

精密機器・ホビー等の組立・修理・分解に。クッショングリップは自在にスライドできるので、使いやすいお好みの位置に移動できます。

パーツがばらけましたね。

グリスを添付して。

馴染ませます。

馴染ませるにはベアリングチェッカーがあると便利です。

組み上げます。

バラシと逆の作業をするだけ。

完了です。

まとめ

作業的には10分位で出来る内容ですね。

ベアリング各種は以下に貼っておきます。

NMB 4*7*2.5(ハンドルノブ用)

NMB 6*10*2.5 スプール内部

NMB 7*11*2.5 スプール受け

各部そこまで高性能タイプのものでなくても大丈夫ですから、ステンレスベアリングを選んでおけばOKです。

カスタムの参考にしてくださいね。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930