当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

23セドナを分解・改造ポイントを解説します(前編)

23セドナ
スポンサーリンク

廉価リールの大御所のセドナがリニュアルしています。

今回はC3000番を購入しました。

箱出し

23セドナお目見えです。

最近のリールは箱の形状から変わっています。

綺麗なリールですね。

従来のセドナよりかなり落ち着いた印象です。

上記に17セドナのカスタムポイントをまとめていますが、ぱっとみた印象としては、構造的にはほとんど変わっていないと思います。

自重計測

各部の重量を計測していきます。

全体は244.33g

ひと昔前のリールといった印象ですね。ハイエンドと比べると重いですが、しっかりとした印象です。

スプールが41.99gです。

17セドナのスプールが42.8gなので、わずかに軽くなっています。

続いてドラグノブが9.38g

ハンドルが28.86g。

続いてローターです。

49.34gです。

17セドナのスプールとローターの自重は以下記事に記載しております。

17セドナのローターは49.6gですので、ほとんど変わりません・・・。というか同じローターですね。

アームカムが塗装されるようになった点はプラスです。

ボディの自重は108.30gです。

外観(ローター周り)

スプール受けは簡易タイプ。廉価モデルに採用されています。

BBシリーズまではこのタイプですね。

なお、ドラグノブ、ローターナット周りのパッキンはありません。この機種はパッキンが極力排除されています。

カスタムポイント_ドラグノブのパッキン

ドラグノブですが、パーツ価格表での表記は1705円です。21ナスキーのドラグノブも同じ1,705円ですが、こちらはパッキンがついているんですね。

ドラグノブを入れ替えるのはお勧めです。パッキンのみを注文できると一番いいのですが、それができないのが残念ですね。

カスタムポイント_ローターナットシーリング化

ドラグノブと意味合いが同じですが、ローターナットを上位である21ナスキーからパーツをとります。

21ナスキーC3000のパーツ番号でいうと13番を2つ、14番、15番、16番

001310PMC固定ボルト275
001410TRHリテーナ275
0015107L4ローターベアリングシール275
00161067Yローターナット385

見てわかるんですが、全部手配すると1,485円です。

結構高くつきますが、シーリング効果は高いと思います。ローターナットは素材の違いだけなので、軽くしたい場合は交換するとよいですね。

前編まとめ

今回説明した箇所は前モデルの17セドナからほとんど変わっていない印象です。

21ナスキーのリリースである程度予想できた範囲ですし、22ネクサーブと22サハラの間を埋める機種なので予想できる範囲でした。デザインは良くなったと思いますが、もう少し踏み込んでほしかったですね。

私はセドナは廃止かもと思っていましたが、一番カスタムし甲斐のある機種ですし、なんてったってコスパが良いので。

ラインローラーやハンドルは違いがないので、過去の記事を以下に載せておきます。

ハンドルノブのBB追加やラインローラーBB化はこちらの記事を参考に。

上記でもワンピースベール化を触れていますが、具体的にはこちらの記事のほうが端的にまとまっております。

ボディ内部などは次回紹介いたします。

リール内部の部品間の微細なガタ、隙間、揺れを大幅に軽減し、滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを備えたリールへと生まれ変わりました。繊細な巻きごこちが重要とされるルアーフィッシングにも使いやすくなりました。

コメント

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031