【17セドナ C3000HG 軽量化カスタム】15ツインパワーのローター&スプールに置換すると・・・

スポンサーリンク

前回、メインシャフトを交換して軽量化に成功しました。

いつもご覧いただき有難うございます。 ともにぃです。 今回は、17セドナのギア比の変更の方法と一部加工の伴った軽量化をご紹介しま...

メインシャフトが交換出来たことで、リジットサポートドラグ対応のスプールに交換出来るんですね。

そこで、上半分を15ツインパワーにしてみました。

ローター比較

左側がツインパワーのローター組。

色味とか結構似てるんですけど、ワンピースベールでかつ、ゴールドメッキなのでかなり高級感があります。

ベール組のみでローターが賄えちゃうくらいの価格差ですからね。

セドナのローターですが、別に問題がある訳じゃないんです。

ワンピールベール化するのに、ベール組だけ入れ替えるという方法もありますが、今回は見た目も15ツインパワー化させるのも狙いなので入れ替えます。

元々15ツインパワー3000HGMを16ヴァンキッシュのローターに交換したので、ちょうど余っていたっていうだけなんですけどね。

タイトル通り、3年ほどご使用された15ツインパワーを入手しました。外観はキズなしの美品でメンテナンスもある程度バッチリ。 フル...

自重

それぞれの自重ですが、17セドナは49.6g

ツインパワーは46.7gなので、少しばかり軽量化します。

僅かではありますが、ローターを交換することで軽量かも出来るんですよね。

スプール比較

結構軽量化します。

ツインパワーが36.2g

セドナが42.8gと6.6gも軽くなるんですよね。

交換作業

メインシャフトにある純正のスプール受けから。

スプール受けを入れ替えて。(ドラグパーツはツインパワーから取りました)。

スプールを乗せて完成!

243.5gを達成!!

ローターもスプールも軽くなるので、当然と言えば当然の結果ですね。

まとめ

メインシャフトを交換出来たら結構簡単にカスタマイズできます。使用感はツインパワーには敵わないので、あまりする人はいないと思いますが、すぐに交換出来ちゃいますね。

上半分はほぼツインパワーなので、かなりアンバランスですが普通に使っても違和感はないですね。

ボディ自体はかなり安いので、ゴリ感が出やすかったりしますが、ギアの摩耗も激しいとは思いますが、ゴリゴリ巻く釣りだと全然OKです。

スポンサーリンク
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー