16エアノス C3000 カスタマイズ(その1)3BB化で15セドナと同じスペックにしてみた

スポンサーリンク

初めて購入した16エアノスC3000ですが、既に1年ぐらい使用しているので、最近メンテナンスの為にオーバーホールしてみました。

オーバーホールをしたことで、使用感がグッと良くなったので、もっといいリールにしてやろうと画策した内容です。

 16エアノスを2BBから3BB化

16エアノスのボールベアリングの搭載数は2BBで、ボールベアリングが2か所に搭載されています。(BB=ボールベアリングの略です。)

なお16エアノスと17セドナとの違いは、基本設計が違うものの、公式のパーツ価格表を参照してみたところ、ベアリング数位なものです。に加えて、

16エアノスは、

ハンドルノブにベアリングを追加できません。
ラインローラーもベアリングを追加できない仕様です。

一方17セドナは、

ハンドルは冷間鍛造ハンドルで作りも良くなっています。
スプールもかなり軽く上質に仕上がっています。
ドライブギアがハガネギアとなりギアの耐久性がUPしています。

ちなみに、

17セドナは3BBで、ボールベアリングが3か所に搭載されており、今回はハンドルノブの根元にある、ドライブギアのブッシュをボールベアリングへ変更して、ベアリングを1つ追加し、17セドナと同じスペックにしてみるというものです。

16エアノスのベアリングの箇所

16エアノスのベアリングの搭載箇所ですが、ピニオンギアの上部にベアリングが1つ。ハンドル根元のボディーカバー側に1つ。合計2個所です。

上記の図の赤〇の箇所が16エアノスC3000のベアリング搭載箇所です。青〇の箇所が今回ベアリングに差し替える箇所です。

NMB(ミネベア)製のボールベアリング

NMB製のボールベアリングを入れます。

サイズは7×11×3(内径×外径×幅)です。ちなみにサイズ表記mm(ミリメートル)です。

今回ベアリングを追加する個所

今回ベアリングを追加する箇所ですが、ハンドル付け根のボディ側です。ボディの蓋を開けます。

ドライブギアを取ります。

ライトブルーのカラーが見えます。

このカラーはドライブギアのブッシュと呼ばれるパーツですが、これを今回購入したNMB製のボールベアリングに差し替えます。

ベアリングがハマりました。

完了です。

さて、巻き心地はどうかというと・・・するすると回ります!

なめらかですね。

もともとローター周りが少しゴリ感というか、ゴロゴロしていましたが、ハンドルの回転はすこし滑らかに改善されました。

17セドナと15セドナとの違い

今回のベアリング追加で、ほぼ15セドナになった訳ですが、そのセドナシリーズの17セドナと15セドナの違いは、以下です。

ドライブギア・・・ハガネギアか否か
ボディの基本設計

つまり、一番の大きな違いとしては、

15セドナ・・・スリムフィットボディ

に対し、

17セドナ・・・Gフリーボディ

ということです。

その為、17セドナは持ち重りが軽減されて明らかに使用感は良くなっており、基本設計そのものが良化しているんですよね。だから、実際はわざわざ16エアノスを新規で買って、ベアリングを追加するのはナンセンスです。

ただし、16エアノスはスプール単価がかなり安いので、出来れば安く複数スプールを持ちたいし、あえて16エアノスというリールそのもののスペックを高めたいという目的があれば、新規で購入もありでしょうね。

これは17サハラ4000XGのドライブギアです。ギア部が黒色をしていますが、これがHAGANEギアと呼ばれています。

冷間鍛造による形成を施した、一切アルミを削らずに加工するシマノの技術です。

しかし、ギア面以外が以前の素材の亜鉛ままなので、ギア全体がHAGANE素材ではないので、ギアそのものの強度が大きく高くなったというのは少々語弊あるかもしれません。

まとめ

今回のカスタマイズで、16エアノスが15セドナと同等のスペックになりました。

次回、サハラ仕様へ

なお、次のステップは4BB仕様です。

セドナの1つ上のクラス、サハラですね。

14サハラと行きたいところですが、14サハラはスリムフィットボディですが、ラインローラー部がベアリング化されており、どちらかと言うと17サハラに近づくカスタマイズとなります。

17サハラは4BBであり、ベアリング搭載数は16ナスキーと同じです。では、17サハラと16ナスキーとの違いと言えば、16ナスキーは防水仕様であること。

また、17セドナと17サハラの違い として、

17サハラは、

ピニオンギアの下側にベアリングが搭載されていること(X-SHIP) と

フリクションリングが搭載されていること(ローターブレーキ) です。

次回は、このピニオンギアの下側のピニオンギア用のブッシュ(No.33)の代わりにベアリングを入れて、ベアリング数を17サハラのスペックと同等にしてみます。

先日アマゾンで注文していたベアリングが届きました。早速エアノスを分解していきます。 分解して設置するまでの工程 今回の設置までの手順を簡...

ピニオンギアの下部の該当箇所のベアリングのサイズは5×8×2.5ですね。

ゴロゴロした感じは若干ある為、13ナスキーまではいきませんが、次回どこまで改善できるか楽しみです。

エアノス復活か?(2020/2/20追記)

エアノスがラインアップから消えて・・・、

やっとエアノスが。

19シエナ、スペック的には15セドナですが、まるで見た目が高級なエアノスです!!

カスタムベースでワゴンリールの19シエナを購入しました。 1000番なので、最も小さいクラスです。 令和元年製。 ...

実際に使ってみた(実釣レポート)

リールの感度を確かめる為に、ワインドとシーバス釣行へ行ってきました。間違いなく使用感はアップしていますね。

かもめ大橋

到着した際にこんな張り紙がありました。

2017年8月31日で駐車場に乗り入れが出来なくなったようです。

ゴミの不法投棄で自動車の侵入禁止。

鎖がついていました。

車で横付けできないので注意してください。

タチウオワインド

9時前から1時間くらいワインドしましたが、使用感は良いです。

セッティングしたラインがPE0.8号なので、リトリーブも軽く扱いやすい。

結局餌釣りで、タチウオ自体は1本上がってましたが、かなり渋い様子でした。

常吉大橋(バイブレーションでシーバス)

さよりが湧いているので、バイブレーションを投げてみます。ここもあたりはないです。

淀川左岸(バイブレーションでシーバス)

引き続きバイブレーションでシーバスです。

1時間くらいキャストし続けて、結局サンダーブレードをロストして納竿。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー

コメント

  1. おにぎり より:

    > MNB製のボールベアリングを入れます。
    > サイズは7×11×3(内径×外径×幅)です。

    DDL-1370ZZ 7x13x4mm ですよね?

  2. えれんじ より:

    おにぎりさま
    コメントありがとうございます。
    足付ボディ側のベアリングのサイズは7×11×3㎜で、ミネベア(NMB) ミニチュアベアリング DDL-1170ZZとなります。本文中に商品リンクを貼っておきました。
    DDL-1370ZZ 7x13x4mmは、フタ側のベアリングで純正で搭載されております。
    同じサイズではないのでご注意ください。